行政書士の求人が少ない理由

社会保険労務士という資格についてご存知でしょうか。 意外とよく知られていない資格ではあります。

社労士とは労働・社会保険に関する法律、人事、労務管理の専門家です。 被雇用者の採用から退職までの労務、社会保険に関するトラブルや問題を解決することができます。 加えて年金の相談に乗ることもできます。 とても人の役に立つ仕事です。

これらの相談は法律に詳しい人でないとのることができませんから社会保険労務士はまさにその方面でのスペシャリストということができるのです。 社会保険労務士法という法律によって定められた業務を行い企業の健全な発展とその企業で働いている労働者の福祉の向上を目的として働いています。 平成23年度には登録者数が36000人を超え、毎年千人から二千人の新たな資格所有者が登録しています。

近年では労働者の地位の向上や年金に関する国民の関心の高まりからこの資格所有者が様々な面で優遇され、多くの人に利用されています。 受験者も年々増えつつあり関心の高まりを示しているということもできるでしょう。 これからさらに将来が嘱望される資格ですから、ぜひこれから資格を取りたいと思っている方はこの資格を選択肢にしてみてはいかがでしょうか。