TOP>社会保険労務士試験の現状

社会保険労務士試験の現状

社会保険労務士試験を受けたいと思っている人であればどのくらいの合格率なのかを知りたいと思っているに違いありません。 その合格率によって社会保険労務士の難易度がおおよそわかるからです。

この社会保険労務士は行政書士などの資格とは異なり、受験資格が存在します。 ですから誰でも試験を受けられるというわけではないわけです。

少なくとも短大もしくは高等専門学校を卒業していなければなりませんし、もしかするとすでに行政書士の資格を持っているかもしれません。

近年の社会保険労務士試験の合格率はおおよそ10%前後となっており、10人にひとりが合格するという形になっています。 行政書士などと比べても高い合格率なのですが、この試験の場合には全ての人が条件などの面から見ても受験に真剣に臨んでいることを考えると非常に難しい試験の一つであるということができます。

さらに受験者は年々増加し続けており、合格率にも変化が出てくるかもしれません。 それに伴って資格所有者として登録している人も年々数千人単位で増えているので、これからは資格所有者どうしの競争も激化してくる可能性があるのです。 試験を受ける前にはそうした現状があるということをよく理解した上で試験に臨むようにしましょう。