TOP>人事労務管理のコンサルティング

人事労務管理のコンサルティング

社会保険労務士とはどんな仕事をするのだろうかと思うかもしれませんが、やはり名前のとおり労働者の環境の向上が主な仕事になります。

社会保険労務士の主な仕事の一つが人事労務管理のコンサルティングと言うものです。 少し難しい言葉ですが、多くの労働者がより働きやすい環境を整えるためにはどうしたらよいのかということをコンサルティングするというものです。 この中の細かい仕事は沢山あります。

例えば就業規則の作成や変更があります。

あまり知られていませんが、就業規則にもたくさんの法律が関係しているため社労士がアドバイスを与えることが必要になるのです。 さらに賃金制度の設計や労働時間、休日等の労働条件の設定などについてもコンサルティングすることができるのです。 会社経営には人、物、金という重要な要素がありますが、もっとも重要なのは人であると言われています。 ですから企業の業績を上げるためのもっとも確実な方法は会社の人が働きやすい環境を整えるということになるわけです。 社会保険労務士は会社の実情を専門館としての観点で分析し、改善点があればそれを経営陣に知らせ、アドバイスをしながら会社の人事や経営の向上に寄与することができるとても重要な資格なのです。