TOP>社会保険労務士の試験概要

社会保険労務士の試験概要

社会保険労務士になりたいと思ったなら社会保険労務士験に合格しなければなりません。

では社会保険労務士試験とはどのようなものなのでしょうか。

まず社労士になるための試験には受験資格があります。 まず四年制大学で一般教養科目の学習が終わっている人、大学において62単位以上を取得している人、短期大学または高等専門学校を卒業している人などです。 一方で持っている資格によって受験資格が付与される場合もあります。

例えば司法試験に合格している人や行政書士の資格を有している人は学歴の条件に当てはまらなくても試験を受けることができます。 したがって大学生や大学卒業している人としてはほぼ受験資格を満たしていると考えることができるでしょう。 通常八月の下旬に試験が行われます。 したがって五月下旬には試験の申し込みが終了してしまいます。 これを逃すと一年間待たなければなりませんから注意してください。

社労士の試験の詳しい概要については試験用のホームページがあるのでそちらを参照することもできるでしょう。 社労士になりたい方はこまめにチェックして自分の受ける試験に変更や注意点がないかを確認することが必要になります。 それが社会保険労務士になるための第一歩となるのです。