TOP>社会保険労務士の定義と仕事

社会保険労務士の定義と仕事

社会保険労務士というとすごく難しそうな資格と感じるかもしれません。

しかしどのような人が社会保険労務士として働くことができるのでしょうか。 まず社会保険労務士になろうという人は社会労務保険士試験に合格しなければなりません。 その試験合格後社会労務保険士名簿に登録することによってプロとして働くことができるようになります。 法律ではこの他に二年以上の実務経験を積んでいなければならないとされています。 それらの人の仕事は主に三つあります。

一つ目は人事労務管理のコンサルティングです。 就業規則の作成や賃金制度の設計などがその内容となります。

二つ目は年金相談です。 いま多くの人の興味を引いている年金ですが、疑問を持っている人も多くいます。 自分が払った年金がきちんと受け取れているのかどうか心配な人も多いはずです。 そんな方の相談に乗って適切なアドバイスをすることが仕事になります。

三つ目が労働社会保険手続きの代行です。 労働社会保険の手続きや更新、各種助成金の申請などを行います。 労働者にとっては力強い味方ということができるのです。 このように資格所有者の仕事はたくさんあります。 もし資格を取れたとしたらこのような役立つ仕事をすることができるのです。